会社員こずっぴのゆとり全開ブログ

過去8年ほどやっていたアメブロから引っ越してきました。

「感謝深い人」

 

 

 

 

 

 

わたしは知っている。

選ばれるあの人は、

必ず「感謝深い人」ということを。

 

選ばれるあの人は、

「あの人ばっかり選ばれてズルい!」

わけではないの。

日々どんな小さなことに対しても、

誰が見てる見てない関係なしに、

心から感謝深い人なのです。

 

感謝深いってなんだろう。

 

ただ

何でもかんでも口からペラペラ

「ありがとう、ありがとう」

言えばいいわけではないのです。

 

 

例えば〜。

 

日本社会、特に会社員の世界、

ありがとうが足りなすぎると思うのです。

 

「自分事」

以外は全て、

「心からありがとう」のはずなのです。

 

後輩に頼む

先輩が相談に乗ってくれる

お客様が来てくださる

お客様が頼ってくださる

周りが協力してくれる

役割を与えてもらえる

 

どれをとっても

「こんな私にありがとう」なのです。

 

 

選ばれるあの人に

天狗で傲慢な人は1人もいません。

もしいたとしたら、

それは本物ではないか、

あるいは表にはあまりそうは見せないけれどきちんと対個人でありがとうを伝えるのが上手な人なのかもしれません。

 

 

なんでいつもあの人ばっかり。

 

そう。

あの人ばっかりなのです。

 

それにはもちろんあの人にしかない

理由がちゃんとあるのです。

 

選ばれる理由は

きっとそのときによって異なるでしょう。

 

でも共通して言えることの1つに

「感謝深い人」であることがあるのではないかなと気づいた日曜日でした。

 

 

よし、こず、ねまーす。

 

 

 

 

 

 

社会人を考える話

 

 

 

今日がスーパームーンだよと聞いてはいたものの、スーパー残業になるとは聞いていなかったこずっぴです。お久しぶりでございます。

 

最近戯言ばかりできちんとブログ書いていなかったので今日は久しぶりに書こうと思います。

 

 

 

 

大学時代、のうのうと過ごし、

いきなり就活戦線に放り込まれ、

(内定をいただき、憧れの緑色のブログの会社で内定者として少々働かせていただき&結果として内定辞退をし、)

改めて赤髪を黒く染め直し、もう一度就活をして、なんとか憧れのラグジュアリーファッションの世界に就職して1年と7ヶ月が過ぎました。

 

先日、昔のブログ時代からブログ読んでますよ!の方からご相談のメッセージをいただきました。

「内定先、どうやってきめたの?」なご相談でした。

 

私でお役に立てるかわかりませんが、

今日は久しぶりに真面目なお話をしたいと思います。

 

 

 

そうですね。

何からお話ししようかな。

 

私、大学時代に色んなことを考えていました。そして色んな小さな夢がありました。(実は現在も止まることなくどんどん増え続けています笑)

 

いつか外国に住みたいな。

いつか日本語を勉強して入る外国の人のお手伝いをしたいな。

いつかファッションの世界に行きたいな。

いつか王子様と出会いたいな。

いつか代官山に住みたいな。

いつかお料理上手になりたいな。

いつか子供を産んで専業主婦をやってみたいな。

いつか自分個人の仕事をやってみたいな。

いつか大企業で働いてみたいな。

いつか世界中の人友達になりたいな。

 

こんなようなちょっとした夢ですが、

他にももっともっとたくさんあって、

計画性はあまりないんだけれど、

必ずいつか全てやれる人生だろうとかなりポジティブに考えてこの24年間生きてきました。(なんか頭やばい人みたいに見えてそうで悲しいかも笑)

 

 

でも、

そういう夢を常に頭に入れながら

日々を過ごしていくと

色んなふとした機会(チャンス)がきた時に、飛び込みやすかった。のも事実なんです。

 

もちろん望んだもの全てを手に入れるのは難しいかもしれません。

でも難しいと決めつけずに、まず挑戦してみる。結果はダメでも、挑戦してみなくちゃはじまらないし、実際には想像と全く違ってイイ!かもしれないし、違う!かもしれないのです。

 

 

私は就活を経て、

たくさんの出会いがありました。

憧れていた緑色のブログの会社で働かせてもらえたこと。

その中でこれでもかってくらい苦しい挫折もありました。でもその苦しかったこと以上に挫折を乗り越えてきたことで今となって見える周りの世界がまるで違うのです。そして自分自身も大きく変わっていったのです。

素敵な大人にも出会いました。

そして辞めた今でも、ありがたいことにご縁は続いていて。

 

そして、それと同時にもう1つのチャンスがやってきました。

私が憧れに憧れていたラグジュアリーファッションの世界への道です。

 

新卒1年目。

体は1つ。どちらかの会社にしか勤めることはできません。すごく考えました。どちらも素敵な世界だし、どちらに進んでも絶対に自分の人生にとってプラスに働きかけてくれる経験ができることもわかっていました。

 

最後はなんといいましょうか、直感というか第六感というか、言葉では表しきれない感覚的な部分にも大きく頼り、後者を選びました。

 

今になって考えてみて言えることは、

選択は間違いではなかったなと。

でももし逆の選択をしていても、

多分それはそれで間違いでもなかったのではないかなと。

 

もし今大学4年生、

来春からお勤めです。

内定先合ってたか心配ですの方がいらしたら、お伝えしたいです。

とってもとっても真剣に自分とそしてその内定先と就活期間に向き合って来たと思うのです。最大限を尽くして、この選択に自分の明るい未来を!と描いて内定承諾したと思うのです。

 

ただこれからの新社会人。

今までに経験のない世界に飛び込むので、それはそれは心配も不安もあると思います。

でも最初からなんでもできる人なんて世の中にいないし、新卒採用というのはそのスキルを求められているわけでは全くないのです。

 

だからきっと、

今の選択に間違いはありません。

 

後々、仕事を始めてから

それは山あり谷ありかと思います。

山も谷も貴重な人生経験です。

たくさんのことを経験して、自分のものにして来た人には必ず明るい未来が待っているはずです。

 

私もそう信じて、

社会人2年生をしています。

 

もちろん不安がないわけではありません。苦しいな困ったなと思うことの方が多いかもしれません。

でもそれを乗り越えた時の喜びや幸せ、達成感の方がはるかに上回ることを知ったのです。

 

困ったこと

楽しいこと

悲しいこと

嬉しいこと

色んな些細な日常の出来事を

共に分かち合いながら一緒に成長を重ねていく。それがお給料よりも休日よりも自分も相手も成長させてくれる「社会人」という生き方なのです。

働き方や所属する会社はその時その時で自分に合うベストで選択しても全然良いのです。

 

私も大学生の時は、一ミリもこの感覚、わかりませんでした。

「社会人になると楽しいよ」の1つがこの「大学生にはない感覚」なのかもしれません。

 

 

ご相談のお答えになっていないかもしれませんが、なんとなくこんな感じです。

 

「なんだかよくわからないけど、、こずっぴが社会人はなんだかんだ楽しいらしいと言ってた。」くらいの感じで是非4月を迎えてみてください。

もし困ったらその時はまた今まで通り周りに頼ってオッケーですし、心配はご無用です。

 

残りの学生生活、

素敵な時をお過ごしください^^

 

相変わらずどんな締めで終わりにしたらカッコつくのか未だしっくり来ていませんが、今日のところはこんな感じでそろそろ寝ようと思います。

 

おやすみなさい。

明日も皆様にとって素敵な1日となりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金夜の戯言

 

 

 

 

友達ってたくさんはいなくてもいいけど、「あぁ、こういう人と一緒にいられたら幸せだなぁ。嬉しいなぁ。」とちょっとした想いを寄せる人と過ごせる人生になったらいいなぁと最近すごくおもうのです。

 

 

憧れやドキドキがあると、ちょっと日常ですら明るく、今までと全然違って見えてくる。

気持ちもなんだか乗ってきて、あの人に次いつ会えるかなとかあの人と次こんな話がしたいなとワクワクが止まらなくなる。

 

 

それが恋愛対象としてではなく、友達としてってのが私的には最近自分の中で増えてきたなと思ってて。

 

 

いろんな素敵な人に出会うたび、

あーーー私ももっとイケてる大人の女になりたい!!!と高まるのです。

かっけーーーーーどんな経験したらこんなイケてる人になれるんだろういいないいないいないいなが止まらなくなるのです。笑

 

最近高まる刺激の源は

ファッションとかジュエリーとか

ドラマでもなく映画でもなく

なんとなく人なのです。

 

そんな11月。

皆さんはどんな11月をお過ごしですか?

 

 

 

 

 

期待しない

 

 

 

 

 

 

相手に期待しないこと

 

期待をするから

ガッカリする。

期待通りにならなかったから

ショックを受ける。

 

そもそも期待をしすぎるのがきっと良くないのだ。

 

いつも凹む原因は

期待のしすぎ

だったりしました。

 

 

 

「周りの人には秘密にしたいから、ここだけの話にしておいてね」と話したのに、いつのまにか話が広まっている。なーんて。

あれだけゆわないでってゆったじゃん!と思いつつも、元を辿れば、あの人は秘密にしてくれるだろう!話さないでくれるだろう!と期待した自分が悪かったのかもしれませんね。

 

 

期待をすると

期待通りのことが起きて当たり前、

起きなかった時に結論は自分自信にショックやがっかりが降ってくるのです。

 

 

 

女子の恋愛の不満のほとんどは

「彼が〇〇してくれない」

「彼が理解してくれない」

とかとか。

 

女友達に相談する前に、

彼に勝手に期待する前に、

まずどうやって彼にこのことを提案、相談するのかを考える。

そして実行してみる。

反応を見てみる。

もう一度考え直して修正を加えて、実行してみる。

 

 

この繰り返しよね。

 

要は勝手に期待だけ膨らまさないこと。

本当に望むなら、相手が理解しやすいように、わかりやすいようにして実際に想いを伝えてみること。

 

その2人の間に

きちんと尊敬や感謝の気持ちがあったら、相手のために変わることに対して手を抜いたり、その気持ちを蔑ろにしないはずよね。

 

 

 

話は大きくずれましたが、

私はとにかく「期待しない」を教わってから人に優しくなれたし、なんだか自分も穏やかに柔らかくなった気がします。

 

 

そう。

私は相手に「期待しない」。

だから相手がすごく良くしてくれた時、

ものすごく感動します。

 

 

 

 

 

 

 

SNSの使い方

 

 

 

 

 

 

23年間、

ものすごく狭い中で生きてきた。

 

自然と自分の心地よい環境を選んで、

生きやすい道を選んできた。

 

でも世の中には、自分の今までに出会ったことのない人がほとんど。

 

 

 

 

 

 

自分は相手のことを知ってても、

相手は自分のことを知らないこともある。

 

 

逆に

相手は自分のことを知ってても、

自分が相手のことを知らないこともある。

 

 

 

直接接点がなかったとしても、

イメージや何と無く、

噂や想像が知らぬまに

自分の知らないところに伝わっていたりする。

 

そりゃ時には凹む。

かなり凹む。

大学生の時とか、

とっても人目を気にしてた。

 

 

でも、

きちんと自分を見てくれている人が、

本当の自分の姿を受け入れて認めてくれているなら、もうそれでいいんじゃないかなと思うのです。

 

 

 

SNSには

自分で決めた

ほんの一部の自分の姿しか見せない。

 

それは

やっぱり自分の全ては

直接会っている時や、長年の関係性の中で伝えていきたいから。

 

「隠してる」訳ではなくて分けているだけ。

 

それは自分のためももちろん、SNSを通じて自分と接点を持ってくれる相手のためでもあると思っているのです。

 

 

SNS

楽しい!美味しい!幸せ!で

基本、ハッピー!だけ。

 

本当に困っちゃったなとか

どうしようどうしようどうしよう

は表さないように心がけて見ています。

何と無く。

マイナスなことを見て、ハッピーーー!になる方って少ないんじゃないかなと思って。

 

 

 

 

先日、

SNSの使い方どうしていますか?

とのメッセージいただきましたので、

お答えこんな感じで、

こちらで失礼いたします。

 

お答えになっているといいなぁ><

 

私はこんな感じだけど、

みんなは何か使い方にこだわりとかあるのかなぁと気になりました。

いかがですか?

 

 

 

皆さま素敵な週末をお迎えください。

おやすみなさい。

 

 

 

 

気持ちは伝えないと伝わらない

 

 

 

気持ちは

伝えないと伝わらない。

 

 

ありがとう

という気持ちも、

ごめんなさい

という気持ちも、

 

何かしらの形で

自分の心の外に表さないと

相手には一ミリも伝わらない。

 

 

 

「彼はいつも私の気持ちをわかってくれないの」

 

それはきっと

もっともっと、自分の気持ちを彼に伝わりやすいように伝えてみてもいいってことだよね。

 

 

 

 

 

 

 

「相手が傷ついたらどうしよう」

と思って言わないのは、

結局は自分が傷つきたくないだけ。

 

「相手が気づいくれない」

は、

相手にうまく伝えてないだけ。

 

かもしれないよね。

 

 

 

 

必ず

言葉にして、伝える。

表情と共に、伝える。

 

そして、

何がありがとうなのか

何がごめんなさいなのか

 

何が嬉しいのか

何が悲しいのか

 

伝えなくっちゃ

相手だってわからないよ。

だって伝えてないんだもの。

 

 

人間みんなおあいこ。

察するも大事だけど、

きちんと伝えること、

改めてすごく大切だなと思う

今日この頃です。

 

 

 

さて、今年もあと2ヶ月ね。

 

 

 

 

 

24

 

 

 

 

変化や成長

また

革新や革命は

"今までと違う"という理由だけで

時に拒絶されることがある。

 

世の中みんな一緒の必要はないはず。

そういう変化を重ねて来て今があるはずなのに、身近なちょっとした変化は受け入れられなかったりする。

 

"自分と違う" "今までと違う" を

受け入れない、

突っぱねる、

は誰にでも簡単にできると思うです。

 

私は

突っぱねられる悲しみや孤独

そして

受け入れてもらえる喜びや幸せを

この24年間でたくさん感じて来ました。

 

 

相手の今の姿はもちろん、"変化"に寄り添える存在になれるよう、日々精進致します。

 

これが24の目標です。

 

 

 

 

たくさんのお祝い、本当に本当に私にはもったいないほどの温かいお言葉ばかりでした。

本日、24となりました。

誠にありがとうございます。

 

24、私自身も"変化の年"。

変わることを恐れず前向きな心と、感謝の気持ちを忘れず前に進んで参ります。

 

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。