新妻こずっぴのゆとり全開ブログ

過去8年ほどやっていたアメブロから引っ越してきました。

25歳。これからどうするの話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌われちゃったらどうしよう

できなかったらどうしよう

うまくいかなかったらどうしよう

なくなっちゃったらどうしよう

 

 

 

ふと、たまに思うのです。

人々の不安や悩み、

心配事の結構な大部分が

未来を自分自身で勝手にマイナスに想像して

勝手に自分で不安心を煽っているだけなのかもしれないなと。

 

 

それらって

現時点で、

まだ1つも現実としておこっていないのです。

そして

これから本当に

その状況になるのでしょうか。

 

 

私は今までに、

こうなったらどうしよう。

どうしようどうしよう。

ばかりで

前になかなか踏み出せませんでした。

 

 

でも、

実際にやってみたら全然そんなことなかったり、想像と全く違ったり。

もし想像の不安が的中して、

うまくいかなかったら

その時また考えるのでもいいってことも

たくさんありました。

 

 

いま、

皆さんは本当に全力に目の前のことに取り組めていますか?

私はまだ胸張って「はい」とは言えません。

 

誰がどう思うとか

周りからかっこ悪いと思われてないかとか

来年お給料上がるかなとか

役職や待遇良くなるかなとか

いろんな欲をとにかく無視して

自分が自信を持てるくらい、

命かけて全力で目の前のことに取り組めているのか。

 

私自身、甘えなのかたるみなのか

社会人になってからなんだかやけに

手を抜きやすくなったと思うのです。

でもそれでいいのかな。

ふとたまに自問します。

 

全力で、本気出した人にしか見えない、

手に入らない世界が必ずあると思うのです。

 

 

チャレンジしたものしか与えられない

本物の世界を

私はやっぱりみてみたいと思うのです。

 

 

私は自分以外には

期待しないことにしています。

そのかわり

自分自身にはものすごく期待をします。

だから、いつも何かと苦しいです笑

なんでこんなことをまたやろうって

決めちゃったんだ私はと笑笑

でも今できることをずーっと続けているだけでは見える景色も変わらないから。

 

私は怖くても、不安でも、

チャレンジして、

その先の景色を見たいのです。

そういう人生にしたいのです。

 

 

人生だったの一度きり。

平凡を生きるには

まだこの先の人生長すぎます。

25になってやっと、

本気だチャレンジしていこうと

ようやく心も環境も準備が整ってきたような。

 

 

何するの?と聞かれたら、

やりたいことだらけで

いつもうまく答えられません。

 

うまく相手に答えられないと、

うまく相手が理解しやすいように

わかりやすい肩書きで答えられないと、

なんだかなかなか周りからは受け入れられにくかったり。

 

私はもっとなんでもありの

パラレルキャリアにしたくって。

妻もしたいし、母にもなりたい。

こずっぴもするけど、佐藤こずえもやる。

ファッションもするけど、

文字で表す人もやりたい。

旅行もしたいし、美味しいものも食べたい。

運動もしたいし、たくさん寝たい。

やりたいことがいっぱいいっぱいあって、

なかなかうまく表せません。

 

だけど、

周りから見て

わかりやすく美しいキャリアじゃなくても、

自分のやりたいこと、夢を形にできた方が

きっと幸せな気持ちは大きいのかなと。

 

もう、

誰かと一緒じゃなくちゃとかは

就職活動、新卒入社までで終わりです。

 

ここからは

個人が

やるかやらないか。

頑張るか頑張らないか。

ただそれだけ。

 

 

 

こういうことを表に書くと

基本的には「変わり者」のひとことで

表されることが多いんだけど。

私はどの25歳の友達と話しても

私もみんなも共通して、

「これからどうやって生きていこうか」を

考え、悩み、岐路に立っていることがわかったので。

 

私の想いをここに書いて。

もし少しでも考え方が似ていたり、

これから楽しいことを一緒にしようよ!

って言う素敵な輪が広がるきっかけになるかなと思って、ブログに自分の日々思うことを書き続けています。

 

 

楽しい人と楽しく生きて生きたい。

 

いろんな欲があるけど、

結局行き着くところはこれかな。

 

そのためには

っていろんな方法や手段を考えてるね。

それがまたすごくワクワクして、楽しくて。

 

 

辛いこともあるけど、

楽しいことも必ずある。

 

前を向いて、歩き続けるのです。

立ち止まったら、そこで終わりだから。

 

さて明日も皆様にとって

素敵な1日となりますように。

 

こずを