南米主婦こずっぴのゆとりブログ

過去8年ほどやっていたアメブロから引っ越してきました。

珍しく夫婦の話

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

こずっぴです。

 

今日も1日お仕事

皆様お疲れ様でした。

 

今日ね、伊勢丹の文房具売り場にね

主人のボールペンの中の芯を交換しに行ったんですよ。閉店間際にね。

そしたらアラサースーツお仕事帰り男子二人が、一生懸命可愛いメッセージカード選んでいるんです。

 

 

こずばば、

近く通ったときにちょこっと会話が聞こえてね。

ティファニーの指輪に合う雰囲気の手紙がいいなぁ」「どれがいいかなぁ」ってニッコニコ嬉しそうに選んでいたのです。

 

もうね、

いいなーーーーーって思って。

こういう、

相手には直接見えないけど、

相手を思っている姿って、

本当に素敵。

 

相手が恋人でも友達でも家族でも、

こういう時間って自分自身もときめくし、

相手だって想像しただけでも

絶対嬉しいよね。

 

お相手の方、

絶対に喜んでくれますよ😊

なんだか私までほっこり幸せいただいちゃったし、

私もこういう想いを大切に、

忘れちゃいかんなと思いました。

 

 

 

そして、

今日も会食終わりの主人を

夜の報道番組を見ながらまってね。

帰ってきたら1日外で頑張り倒してきたのが

ものすごく伝わってくるから、

少しでも次の日に向けてお休みできるように

私にできることはないかなって考えるんだけど

いつもあんまり具体的な策とかはできず笑

 

 

フェラガモ時代、

自分の方が遅く帰ることが多くて。

晩御飯もなかなか一緒に食べれなくて。

もっと彼を1番に支えるために結婚したのにってずっと葛藤があって。一緒に居たいから結婚したのに全然一緒の時間がなくって。

 

働き方を変えていこうって思ったのも、

1番は主人のことをもっと全面的に支えたかったから。

私自身を変えていって、

一歩下がって支えようと思って。

 

自分が自分がって働くよりも、

私の働き方をもう少し変えて、

主人の仕事をもっと応援できる体制にしたいと思ったのです。

 

 

夫婦っていろんな形があると思う。

カップルにもいろんな形があると思う。

多分正解の形ってそれぞれによって

基準も感じ方も全然違うよね。

 

私も夫婦一年生。

時代はどんどん変化しているから、

私は夫婦のあり方もこれからどんどん

変わっていくんじゃないかなと思ってる。

 

 

なかなか会えないからこそ、

次会ったときに

「やっぱりこの人選んで良かったな」って

思ってもらえる妻でありたい。

 

ハードルも理想もつい高いけど、

私は目標や夢がないことほど苦しい毎日はなくて、

大切な誰かのために生きれる人生が好き。

 

 

こんな面倒なの選んでくれたんだもの。

精一杯、恩返ししていかなくちゃね。