南米主婦こずっぴのゆとりブログ

過去8年ほどやっていたアメブロから引っ越してきました。

ニューカレドニア生活

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

こずっぴです。

 

 

 

ニューカレドニアに来て

もう何日めなのかわからなくなっちゃったくらいのんびり優雅な街に馴染んで来ました。

 

よく、ニューカレドニアいえば

天国に1番近い国と言われているんだけど、

なんだかそれもすごくわかるような気がします。

 

何をするわけでもないんだけど幸せ。

 

朝も目覚ましかけなくても

鳥のピヨピヨと日差しで目が覚めて、

窓を開けると一面がビーチと青空で癒されて。

 

口に入れるフルーツがびっくりするくらい甘くて美味しくて、みんな朝の7時には仕事も学校もスタートする。

 

17時には終わって、

サンセットが18時過ぎくらいに終わっちゃうから、ゆっくりご飯食べたりお酒を飲んだり、家族との時間が夜もたっぷりあるね。

 

21時くらいにはもうなんとなくベッドへ。

外も外灯が少ないから夜遊びって概念がほとんどなくてみんな寝るかな。

 

すごく健康的で、

人間本来の生きるべき姿に戻れたような気がしてなんだかすごく嬉しい。

 

東京に比べると全然ものはないし、

交通手段も豊富じゃないけど、

でも全然不足していることもないし、

ストレスもない。

 

むしろ東京にいるとき

どうしてあんなにみんながみんな、日常的にストレスを感じてしまうのかな。と。

東京が特別なんだってところも

改めて気づいたり。

 

 

かっこいい仕事もする必要がないし、

ブランド品もいらない。

銀座の有名レストランの高いコース料理もいらないし、

デパートコスメも必要ない。

 

東京でこれでもかって欲しいものが

ことごとく必要と思わなくなる。

とっても不思議。環境ってこういうことよね。

 

 

 

私は25年間生きてきて、

東京にうまーく染まりこめられた

THE東京人なんだって実感する。

もっと違う生き方があるし、

自分の意志で選択できてもいいんじゃないかなってやっぱり思うのです。

 

東京は完璧すぎる。

いや、東京が描く完璧を求めて

どんどん進化が止まらなくなっちゃってるんだ。

 

 

私はやっぱりもっとナチュラルに生きたい。

大切な家族や友達と過ごす時間とか、

気持ちいい風邪とか、

普通のお家ごはんとか、

なんか東京でついそっぽに追いやられがちだったことをやっぱりもっと大切にして生きて生きたいと思うのです。

 

でも東京大好きだから

離れるのはすごく名残惜しいし、寂しいけど。

それでも違うところに行こうって

思う気持ちの方が強いから。

 

人生平凡もいいけど、

私はいろいろがいいな。

 

 

ニューカレドニアにきて

東京で忘れていた感覚、

たくさん思い出してきました😊

 

とーっても素敵なところです。

東京から直行便8時間。

是非、オススメしたいのんびりパワースポットです。