南米主婦こずっぴのゆとりブログ

過去8年ほどやっていたアメブロから引っ越してきました。

かわいい人こそ考えたほうがいい

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

こずっぴです。

 

今日はかわいい人について

考えてみたいと思います。

 

 

 

 

みんな一度は思ったこと

あるんじゃないかしら

「あの子、かわいい」

「彼女美人だよねー」

 

隣のクラスの女の子。

道ですれ違った女性。

電車でたまたま見かけたお姉さん。

 

世の中にはかわいい人で溢れています。

 

 

 

私も25年生きてきて

かわいい人にたくさん出会ってきました。

 

私的

「かわいい人はどうやって生きて行くのがいいのか」をふと考えてみました。

 

 

 

 

 

かわいい子は得する。

は確かにそう。

異性から声をかけられやすいし、

誘われやすい。

同性からもともだちになりたいな

近づきたいなと想われることも多いかも。

 

だけど、

かわいいは方向性を少しでも間違えると

人生どんどん寂しい方向にいっちゃう。

だからきちんと「わきまえる」必要があるね。

 

 

 

例えば。

 

「自分かわいい」

で自惚れて周りが見えなくなっちゃう。

あれ。気づいたら友達が離れて行って誰もいなくなっちゃった。

 

「かわいいね。かわいいね。」

とちやほやされて感覚マヒしてくる。

 

「かわいい」以上。

気づいたらいつの間にか

中身味気なくなってる。

 

色んな例があると思います。

私も色んなかわいい人の寂しいな。も

見てきました。

 

 

 

 

そんな中

たまーにみかけるのです。

「かわいい」を年々ブラッシュアップさせながら、どんどんハッピーオーラを纏ってすてきな人生を送って行っているかわいい人。

 

彼女の秘訣は。

「きちんとわきまえている」

のです。

そして、

「自分かわいい」の有効性を正しく理解し、「かわいい」に変わる次なるものへの努力へと導いているのです。

 

 

かわいいっていわれたいえーい

とか

アイシャドウピンクにした方がかわいーー

とか

そういう表面的なところじゃないのです。

 

 

 

 

かわいいは世の中にたくさんいる。

 

可愛くて若い

日に日に次世代に移っていく。

 

 

じゃあ自分の今の「かわいい」という承認は

どう変化させて行ったらこれから先も継続的価値や評価につながるのか。

それらを「痛い」「おごってる」「自分のことしか好きじゃない」の寂しい方向にせず、人生に活かすにはどうしたらいいのか。

 

かわいい人こそ考えなくちゃいけない。

 

 

かわいい人には常に注目が集まる。

味方が多い分、自然とアンチ(嫉妬)も多い。

だからこそ

自らの方向性をきちんと見極める必要がある。

 

 

 

それらを考えて、

わきまえて、活かして、

ポジティブに生きているかわいい子を見るのが私は大好き。

そういう賢いかわいい子こそが本当に美しいと思う。

 

 

天然物のかわいいもいいけど、

努力裏付けあるかわいいがもっと好き。

 

 

是非かわいい人には

「かわいいね」と言われて喜んで終わりにしないでほしい。(どの目線なの)

もったいない。ポテンシャルをふんだんに活かして輝きはなってほしい。(どのポジションの発言)

 

単純に私がそういう素敵な方が大好きだから。

そういうエネルギッシュな方を見ると

パワーをもらえるし、自然とその周りにはハッピーしか訪れなくなっているのがわかる。

 

「かわいい」は周りにパワーを与えるもの。

かわいいからには、

是非かわいいの任務を全うして

東京、日本、

世界中によりいい影響を与えてほしいのです。

 

 

つい先日、

かわいいガールが

見えないところでコツコツ努力、

次なるステップへの勉強をしている姿を目撃してね。

 

わーーーーーなんかひたむきでいいなぁ。

私も頑張らなくちゃって思ったことがあって。

 

今日はこんなブログでした。

皆さま素敵な週末をお過ごしくださいませ♪